TANTRA千夜一夜
オンラインゲームTANTRAであったことないこといろいろ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに
TANTRAというオンラインゲームをはじめてからもうすぐ2年になる。
ゲームから去っていった知人も数多くいるのであるが、なぜかいまからブログをはじめるのである。

とおい昔、私の通っていた高校では毎年の卒業式で君が代・日の丸反対運動というものがあった。まだ君が代・日の丸が国旗、国歌として定められる前は過去の歴史的背景からこのような運動は結構あったのである。

まず卒業式まえに生徒会で反対決議が出され、それとは別に教員は反対する旨のビラをまく。孤立無援の校長は、「厳粛な式をおこなうように」との通達をだして必死の抵抗をしめす。
卒業式当日は、校長が校庭に日の丸を掲揚するところから始まる。右翼学生は日の丸を掲げて入場。卒業生代表の答辞では、反対にも関わらず日の丸・君が代を強制した校長に対する非難がおこなわれる。
式が最高潮に達するのは君が代斉唱のときである。君が代斉唱とさけぶ校長にたいして、ピアノは演奏されず、テープもながれない。そして怒号がとびかい、一部の教師は校歌を声をはりあげて歌う。
我々よく分かってない者は、ここぞとばかりに適当なことを叫ぶ。
「バカヤロー」
「校長、おでこが広いぞー」
「天皇陛下に申し訳ないと思わないのか!」
「○○、生物の単位よこせ」
しかし、これは皆が叫んでいるから我も我もと叫ぶのである。

ある年、来賓の国会議員に向かって、
「汚職野郎」
と叫んだ生徒がいた。運悪くみなの怒号が鳴り止んで、一瞬の静寂が訪れたときに叫んだため、その場にいた全員に注視されることとなってしまった。
これはその後、問題となり、くだんの議員は次の年から来なくなってしまったのである。

このように、たいしたことないはずのことが、タイミングが遅れたことにより、国家的問題も引き起こすことがあるのである。

しかし、彼が本当にそのことを皆の前で言いたかったなら、最良のタイミングでなかったかと私は思ったのである。
「○○先輩好きでした」
「生徒会長は生徒会費を流用しているぞ」
「○○先生と不倫してます」
どれも普段はうやむやにされてしまうかも知れないけれど、時と場合を選べば、衝撃的な一言となるのである。


そこで私も、TANTRA世界に遅れた一石を投じてみるべく、遅ればせながら、ブログを始めるのである。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://5lines.blog80.fc2.com/tb.php/1-f73adb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。